FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルのプールで

 みなさん、こんにちわ。やっと梅雨が明けましたね。もう、気の早いみさとは、昨日、カノン、みさき、琴、麗子さんの仲良し五人組でプールで初泳ぎしてきました。

 やっと、ヒモパンのセクシー水着が着られました。この水着とっても、人目を引くようで、みさとのプルンプルンした、おっぱいとお尻が男性の視線をいっぱい集めちゃって、なんか、みさとも興奮してしまいました・・・笑

 ホテルのプールってかなり、豪華な感じでいいですよね。すいていて、ごみごみしていないしね。みさとは、ごちゃごちゃした、人いっぱいみたいなプールは好きではないんです。お芋洗うみたいな・・・・

みさと:「こんな豪華なホテルプールって最高だよね」

みさき:「うん、みさきもこんな豪華なプールははじめでだよ」

琴:「それにしても、みさとの水着はほんとに、セクシーで色っぽいよね。ヒモパンっていうのが・・・・」

麗子:「ほんとよね。みさとちゃん、おっぱいもお尻もプルンプルンしちゃってるわよ」

みさと:「ときどき、水着がお尻に食い込んじゃって・・・変な気持ちになっちゃうのよ」

カノン:「ほら、もう、みさとはえっちな気分なんじゃないの?水着になってるから・・・」

みさと:「ハハハ・・・・・なんか、そうかもね。でも、麗子さんの黒の水着もほんとにセクシーだよね」

プールサイドで
ホテルのプールで


 こうして、5人は、思いっきり、プールで大きな声を出してはしゃいでしまいました。時々、男性が熱い視線をみさとたちに送ってくるのがわかります。イケメンが声をかけてきました。

まさき:「俺、まさきっていうんですが。みなさんはここは、初めてなんですか?女性ばかりで・・・・」

みさと:「そうです。このプールは初めてなんですよ。とっても感じのいいプールですよね」

まさき:「僕達も、今日が初めてなんだけど・・・、良かったら、プール上がったら、お茶でもしませんか?」

カノン:「ハハハ・・・これって、ナンパですか?」

みさき:「あれ、琴ちゃん、みさきたち、ナンパされちゃってるの?」

まさき:「じゃー、良かったら、ホテルのロビーのとこに5時にいますから・・・寄ってみてください」

みさと:「はい・・・時間があったらね」


 こうして、みさとたちは、楽しいひと時をプールで過ごしました。さて、プールから、上がって着替えをしている時でした。

 みさととカノンが、水着姿でシャワーを浴びている時に・・・・・・麗子、みさき、琴ちゃんが、水着のまま、シャワー室に忍び込んで来ました。


麗子:「あら、みさと、シャワー浴びてるのね。とっても綺麗なおっぱいしてるのね」

みさき:「みさとちゃんのプリンプリンしたお尻を撫でてみたくなっちゃって」

琴:「琴は、カノンの恥ずかしい格好を見たくてね」

みさと:「そんなに、みんなに見つめられると興奮してきちゃうよ・・・・」

 こうして、みさととカノンは、3人に、水着をゆっくりと脱がされて・・・全裸にされて・・・・シャワーの音が・・・・・・・

 みさとは、麗子さんに、クリトリスにシャワーを押し付けられて・・・・・クリが気持ちよくなってきて・・・・みさきはみさとのおっぱいをしゃぶっています・・・・

 琴は、みさとの後ろから、お尻を広げて舌先をアナルに入れてきて・・・・・


 みさとは、体中を触られてとってもいい気持ちになって・・・・・・乳首はビンビンに固くなっちゃうし・・・・・おまんこからは恥ずかしいお汁がトロトロでてきちゃうし・・・よつんばいにさせられて・・・・・体中の穴という穴を舐められて・・・指を入れられて・・・・・・・あーん、あんあんあんあん・・・・イクイクイク・・・・・

 こうして、みさととカノンは5回もイカサれてしまいました・・・・恥ずかしい写真も携帯で撮られて・・・・

 麗子:「ほら、みさととカノンの恥ずかしい写真がいっぱい撮れたわよ」

 みさき:「ほんとだ・・・とってもいやらしく撮れてるね」

 琴:「記念に、携帯の待ち受けにしちゃおうね」

 みさと;「やーだ、恥ずかしいよ・・・・」

 こうして、プールのシャワー室で5人はえっちをして、盛り上がって・・・・・・・濡れ濡れのプールになってしまいました・・・・・・

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

絵里の調教⑦

絵里の調教⑦

 こんにちわ、みさとです。絵里の調教もいよいよ7回目です。今回は証明写真ボックスの中でオナニーをさせてみました。どのくらい興奮したのかみんなで観察しましょう。
  
絵里への課題(みさとより)


①透ける下着を着てから、近くの証明写真ボックスに行きなさい。
②ボックスの中で下着だけになりなさい
③ブラを外して胸を揉みながらショーツの上からクリトリスをたっぷり触りなさい
④イキそうになったら、イク直前の顔の写真をとりなさい
⑤全裸になってオナニーしてる写真を撮りなさい
⑥そのまま撮ったオナニー写真をボックスに置いてきなさい
⑦全裸で野外露出した写真を送ってきなさい

それでは、絵里の報告を待ってるからね。


みさとへの報告(絵里より)

 こんばんは!絵里です。命令を実行したので報告します。

 仕事から帰ってきて、駅にある証明写真ボックスに行きました。家で、白いレースの少し透けてる感じの下着に着替えました。ショーツはTバックです。そして、前がボタンで止めるタイプのミニのワンピースを着て駅に出かけました。

 歩いて駅まで行ってから、証明写真ボックスに入ります。カーテンを閉めると、足下の隙間から覗く通りの感じや、物音に、なんかドキドキしてきちゃいました。ワンピースのボタンを外します。カーテンを開けられたらって思いながら、下着姿になると、ドキドキして興奮してきました。

 ブラを外してゆっくりと胸を揉み始めました。同時にショーツの上からクリを弄びました。すぐに体中に電気が走ったようにジンジンしてきてショーツを見るとびしょびしょに濡れていました。濡れた指先は糸まで引いていました。思わずイキそうになったので命令通り写真を撮りました。いやらしい絵里の顔が写っていると思うとすごく恥ずかしくなってからだが震えてしまいました。

 そのまま、濡れたショーツを脱いで全裸になりました。鏡に絵里の恥ずかしい姿が映っていました。胸を揉みながらあそこに指をいれたり出したりしていると、思わず

「あぅ、あんあんあんぁんぁん・・・」

 といやらしい声がつい出てしまいました。そのまま生まれたままの姿を写真を撮りました。外の受け取り口に、どんな写真があるのか・・・見つかったら・・・そう思うと、ドキドキして余計に濡れてきました。もう、あそこは洪水になっていました。最後の写真が出来上がったので、1枚ずつ切りとって、中の椅子の上に置いてきました。

 家についてからも、証明写真ボックスのことを思い出しながら、玄関で赤い首輪をつけてから鏡の前で全裸になりました。そして、そのままよつんばいになり、お尻を鏡に向かって高く突き出し、バックからバイブを挿入しながら見知らぬ男性に太い肉棒でおまんこをかき回されるところを妄想しながらオナニーして、すぐにイッテしまいました。

 また、命令をお願いします。

Real Love体験レポート

 みなさん、こんにちは。梅雨明けが少し遅れていますが、はやく梅雨明けするのが待ち遠しいみさとです。元気なみさとには”太陽の季節”である夏はなくてはならない季節です。

 ところで今日の話題は「Real Love」です。Real Loveって聞いたことありますか?

 実は出会い系SNSのことです。SNSってソーシャル・ネット・ワーキングシステムの略です。簡単に言うと、「出会いがなかなかない・・・」 「真面目な出会いがしたい・・・」という想いを持った男女が集まる話題の無料の出会い系コミュニティーサイトっていうとこかな。

 みさともどんなところか「Real Love」に体験入会して会員になりましたのでご紹介したいと思います。

美里のReal Love体験レポート 


 【2007.6.27】

 美里も登録してみました♪プロフを作成してからお気に入りのみさとの写真も掲載してみました。日記にも初挑戦。日記を書いてから5分もしないうちに20人の男性からマイフレンドへのお誘いのメールがきました。驚き!なんか結構、Real Loveってほんとに素敵な人に出会える予感が。。。

 【2007.7.18】

 美里も35人のマイフレンドができました。そのうちの一人の男性とメールを何回かやりとりし写メも交換して気に入ったのでデートすることになりました。Real Loveは会員が20,000くらいいますが、美里が選んだ人はとってもユーモアがあって頼りがいのあるイケメン男性でした。最初のデートで食事をしてから、その後、飲みに出かけ、ラブホテルに行きました。また、会いたいなぁ。。。今もラブラブ♪中。

 「Real Love」でお友達を作ったり会話を楽しんでみたい人にはお奨めです。綺麗なOLさんもたくさんいて、素敵なヌード写真も公開されていました。おんにゃの子も好きなみさとにはとってもうれしいサイトです♪

 夏はナンパの季節。あなたも新しい出会いを楽しんでみませんか。。。

 「Real Love」を下に紹介しておきましたので興味のある方はどうぞ♪もちろんすべて無料で楽しめます。。。但し、18禁なのでよろしくね♪

 あ、そうそういい忘れちゃったけど、みさとは「みさと」で登録してるのでReal Love の中で出会ったら、みさとに声をかけてくださいね♪みさとと直接お話ができますからね♪

濡れた貝

 昨日から出張で大阪のホテルに泊まっています。研修ということで2泊3日の滞在です。昨日の夜にホテルに入りました。昨日の晩は向かいのオフィスビルが真っ暗だったので、カーテンを開けてそのまま一人でオナニーをしました。バイブオナニーをしているとこを誰かに見て欲しかったんだけど。ちょっと残念でした。。。

 今日は、研修初日ですが、朝からオナニーをしてしまいました。もう、昨日の夜からムラムラしちゃって。

 カーテンを開けたまま寝たので、朝は眩しいくらいの日差しです。朝、8時頃目を覚まし、ベッドの中でまどろみながら向かいのオフィスビルを見ていたら、金曜日というのでもう出勤をしている人が結構いました。起き上がってトイレへ。

 それから、お部屋に戻って浴衣を脱ぎました。そして、朝のシャワーを浴びました。シャワーは眠いからだに刺激を与えて目覚めさせてくれます。シャワーを浴びてスッキリとしてから、裸の上にバスタオルを巻いて部屋の窓のところに来ました。先週、また、新しいおとなのおもちゃを買いました。

 それは、クリトリスに装着するゴム製のスポイトみたいなおもちゃです。「Qちゃん」と呼んでいます。つまんでへこませてから、クリトリスにくっつけます。すると、蛸の吸盤で吸い付かれたようにクリが吸いつけられて、みるみるうちにクリが充血して勃起してきます。この気持ちよさがなんとも言えないんです。

 でも、今日は、いつものように、バイブの「くねくね君」を持ってきています。最初にQちゃんをクリの装着。。。なんかもう濡れていました。

 窓の腰の高さの位置に、くねくね君を固定しました。スイッチをいれるとクネクネといやらしい動きをしています。思わず見ていると股間がうずいてきます。最初に、クネクネ君を舐めまわしました。おちんちんを舐めるように、下から上に舐め上げます。亀頭の裏は殿方はとっても感じやすいんですよね。

 ペロペロ・・・ペローリ、ペローリ・・・・唾液をたっぷり口に含ませておしゃぶりします。クネクネ君がいやらしい動きをして、バスタオルは落ちて全裸になってました。みさとのおまんこはもう、トロトロになってよだれを垂らしています。クチュクチュいやらしい音。。。クチュクチュ・・・ヌルヌル・・・
 
Qちゃんに夢中なみさと
濡れた貝


 今度は、おっぱいでクネクネ君をパイズリしてあげました。バイブの先端が乳首に当たるたびにビクーンと刺激が体中に走って。

「あーん、気持ちいいのぉ・・・もう、クリも固くなっちゃう、みさとの貝はお汁をたっぷり垂らしてるのぉ・・・」

 みるみる、みさとの乳首はコリコリしてきて、貝は大きなお口を開いてよだれを垂らしています。

「もう、我慢できない・・・みさとの貝におちんちんが欲しいわぁ・・・もっともっと激しく入れてぇ・・・・」

 みさとはこんな恥ずかしい姿を、向かいのオフィスビルから見られていることに興奮してしまって。。。。全裸のまま、窓に向かって両手を窓に当てて、みさとの貝にクネクネ君をゆっくり挿入していきました。。。

「あーん、なんとも言えず、気持ちいいのぉ・・・あーん、あんあんあんあんあん・・・・」

 思わずあえぎ声が出てしまいます。みさとの貝はすーっとクネクネ君を飲み込んでしまいました。貝からはいやらしいお汁が垂れて窓ガラスを伝わって垂れています。ペチャペチャペチャ・・・ヌルヌルヌル・・・

 激しく腰を前後左右に振っています。向かいのオフィスから人がこちらを見ています。こんな痴態を見られることに快感を感じてしまうみさと。。。

「あーん、あんあんあんあんあんあんぁぁぁぁぁぁぁ・・・・イクイク・・・・」

 思わずイッテしまいました。向かいのオフィスには男性がたくさん集っていました。今度は後ろ向きになり、バックから挿入しました。もう、向かいの男性達から犯されているような錯覚におちいってしまって。。。。クチュクチュ、激しい音を響かせながら、あえぎ声が出てしまいます。

「あーん、あんあんあんあんあ・・・いっちゃうぅぅぅぅぅ・・・・・・・」

 こうして、向かいの男性達に犯されながら、みさとは6回もいってしまうのでした。

AV探険記

 みなさん、こんにちわ、みさとです。台風一過でとっても暑いのですがお変わりありませんか?今日は先週、AV店を探険してきたのでその報告。

 大学から帰ってきて夕飯を食べてから夜のAV店に出かけました。あそこにメンタムを塗って出かけました。ちゃんとおっぱいとお尻にも塗って・・。お店に付く前からもうドキドキ。当然、AVなんて自分で借りた事はありません。

 いつものレンタルビデオ屋さんの”TUTAYA”です。そこはAVだけが特別に区切られていて、なんか近づきがたい雰囲気なんです。入り口には大きく18禁と書かれた垂れ幕がありました。

 はじめはCDとか洋画とかを見る振りをしながら偵察しました。結構、週の中なのでお客さん少なかったです。AVの所も一人ぐらいしかいない雰囲気でした。心臓が口から飛び出るくらいドキドキして、躊躇してしまいます。

 そこで一旦トイレに行きました。「もっとエッチな気分になったら入れるかな?」って・・。ショーツを下げたらやっぱりエッチなお汁がいっぱい出ていました。メンタムと混じって・・あん。そこでちょっとだけクリちゃんを触りました。ほんのちょっと・・。

「だって・・・すぐにいけそうなくらい濡れていて・・」

 それで、「もっと気持ちを盛り上げなきゃ」って思って、ショーツとブラを脱いでノーパン・ノーブラになり、スカートを履きました。脱いだ下着はバッグにしまいました。スカートの中は丸出。お尻が丸出しになってるのがすごく分かるから・・。それで自分に言い聞かせます。

「なんともない・・・普通にしてればいいんだと・・・」

 トイレから出て一直線にアダルトコーナーに行きました。もうエッチなみさとだったからでしょうか・・。男の人が一人いて、「えぇ、女の子が借りに来る?」て感じのちょっとビックリした顔をしてみさとのことをじっと恥ずかしそうに見ていました。みさとはドキドキしながらも普通を装っていました。

「すごいすごい・・・別世界みたい。卑猥な言葉や男女の絡みの写真が目に飛び込んできます・・・」

AVに夢中なみさと
AV探険記


 でも綺麗に整理されてて、ジャンルにわかれてるんですね・・ちゃんと。新作とかレイプ、盗撮、職業別なんていうのもあったかな。そしたら一人いた男の人がそそくさと出て行ったんです。反対に恥ずかしかったのかな?

 「ラッキー!!」と思っていろいろ手に取ってみました(タイトル考えるのも大変だな~って思いました・・・いっぱいエッチな言葉)。裸の女の人ばっかり・・女の子だって変な気分になります。それで行き着いたのがSMコーナーでした。うふっ。凄かったです・・ムチでお尻を叩かれたり、熱い蝋燭の火を胸に垂らされたりして・・・・ちょっとAVを持ったみさとの手は震えていました。急に下半身がかーっと熱くなってきました。

 こんな恥ずかしい格好でこんな恥ずかしい所にいるんだ・・・って。そしたら立て続けに2、3人の男の人が入ってきました。慌てて持っていたビデオを直して・・。顔が上げられませんでした。

 自分ですごい興奮状態なのがわかりました。垂れちゃうほどおまんこが濡れてるのがわかって・・。それに・・今度は視線を感じるんです。なんか露骨に・・。

「そんなに・・・見ないでぇ・・・」

 結局、ビデオは「淫乱OLの肉棒狩り」というタイトルのDVDを借りてきました。帰ってきてすぐにみさとのPCで動画を見ながらオナニーしてしまいました。もう、AV女優さんがよつんばいになった格好でバックから熱い肉棒をぶちこまれて、潮を噴きまくっています。

 同時に、みさとはAV店での男の人達のいやらしい視線を思い出して・・。だってスカートの下は全部見えてるんだと思ったら・・。今も触っています。カキコしてたら我慢できなくなって・・。

「ああ・・・お尻の穴も・・柔らかくなっています・・恥ずかしい・・」

 AV店でのビデオ写真が頭に浮かびます。恥ずかしい格好で縛られてるのや・・森の中で女性が木に縛られて全裸にされてバックから挿入されてるやつとか・・・

「ああ・・ごめんなさい・・・だめです。みさと・・・またいっちゃう・・・・あーん・・・」

性感エステ

 最近、みさとは勉強のストレスが溜まって疲れやすくなり、オナニーしてもイケない状態に陥っていました。そんなある日、ヘアーサロンで女性雑誌を読んでいると性感エステというお店があることを知り、さっそくエステに通い始めました。女性専用の性感マッサージ店で雰囲気のいいお店です。その日もいつものようにアロママッサージをして貰いに行き、個室へ通されました。薄手の紙ショーツ一枚に着替えて待っていると、綺麗なお姉さんがやってきて

「今日はよろしくお願いします、60分ですね」

とみさとの背中をアロマオイルでマッサージし始め、からだをゆっくりと揉み始めました。アロマの香りにうっとりとして気持ちよくてうつらうつらしだした頃、お姉さんに誘導され仰向けになったかと思うと、突然ショーツを脱がされました。少し戸惑ったのですが身を任せて何も言わないでいると

「気持ち良くなるからそのまま身を任せててね」

 と言われ、ショーツを取られて全裸にされました。鏡をのぞいてみるとそこにはアロマオイルで全身が恥ずかしいほど濡れて光っているみさとが映っていました。お姉さんはしばらくみさとの裸を見て、上から順番にキスしだしました。

 おでこにキスされた瞬間、好奇心とドキドキ感に負けてみさとは身を任せる覚悟をしてしまいました。お姉さんの舌先はとてもゆっくり身体のラインをなぞりました。首筋から肩にかけてゆっくりなぞり、胸の周りをペロペロと子猫のように舐めてきます。。

 この時点でみさとはもう気持ち良過ぎて吐息が漏れ出しました。声は出さないように息を少し漏らしてるとお姉さんは焦らすように胸以外を舐めてきました。もう我慢出来ないぐらい感じてきて、とうとう乳首をチロチロされて・・・

「んっ!!はぁ・・・、ん・・・」

と我慢出来ずにいやらしい声が漏れてしまいました。それを確認するとお姉さんはアロマオイルをたらーっとおしりに垂らして割目を触りながら、

「もう、こんなに濡れてるじゃないの。びしょびしょよ・・・」

マッサージで濡れるみさと
性感エステ


とみさとを全裸のまま両足を左右めいっぱいM字に開脚しました。そして割れ目を両手で広げるとじーっと見てるんです。

「あぅ、恥ずかしい・・」

「綺麗で美味しそうなハマグリね・・・」

と言うだけでなかなか舐めてくれません。

「やぁーん・・・見ないでぇ、我慢出来ないのぉ・・・」

みさとのあそこは触れられてもいないのにビクーンと感じていて、いっきに熱くなりました。

「綺麗なおまんこね・・・ペロペロ、ヌチュヌチュヌチュ」

「あっ!はぁっや・・・ゃだぁ・・・もう・・・あーん、あぅあぅ・・・」

感じ過ぎて頭が真っ白になるほどクンニされました。お姉さんは優しく割れ目をなぞりクリトリスにキスをしました。キスをされてきゅーっと吸われた瞬間、

「もうダメ・・・あ!!・・あんあんあんあん・・・・ぁぁぁぁぁぁ・・・」

と、すぐにイッテしまいました。お姉さんはその後もみさとのクリトリスをしつこく舐め続け、みさとはもう放心状態でした。何回もイッテしまい感覚がなくなって来たクリトリスに最後はピンクローターを強にして押しつけ、絶頂に達しお姉さんとの60分が終わりました。帰りに電話番号を渡され、

「次は場所を代えてわたしの家にいらっしゃい、一晩中ずっと舐めてあげるから・・・」

と言われました。ノーマルだったのですが気持ち良過ぎて癖になってしまい、それ以来、みさとにオナニーの快感が自然に戻ってきました。。。

絵里の調教⑥ 

絵里の調教⑥

 こんにちわ、みさとです。絵里の調教もしばらく間があいてしまいましたが、好評なのでまだまだ続きます。今日は六回目の調教です。今回は駅の構内でジーンズを履かせてノーパンで露出をさせてみました。どのくらい興奮したのかみんなで観察しましょう。
  
絵里への課題(みさとより)


①駅のトイレで服を脱いであそこにローターを挿入しなさい
②ノーパンのままジーンズを履いて駅の構内でそのまま立っていなさい
③しばらくしたらローターのスイッチを入れなさい
④見知らぬ人の前でオナニーしてイキなさい
⑤家に帰ったらどれくらい濡れたかを確認してからたっぷりオナニーしなさい
⑥全裸でオナニーしたら外出して露出した写真を送りなさい

それでは、絵里の報告を待ってるからね。


みさとへの報告(絵里より)

 こんばんは!!仕事帰りの駅でしました。8時過ぎくらいで、結構な人がいました。仕事が終わってから、駅に向かい、駅のトイレで準備です。

 鞄からローターを取り出すと、ジーンズとパンツを下ろして、少しあそこを刺激しました。初めは手で触って、ローターをクリトリスに当てると、すぐに濡れてきちゃいました。 トイレでしてると、ローターの音とがが聞かれそうで気になったけど、そのことが返って刺激になるみたいで、すぐ感じちゃいます。

 ある程度濡れてきたところで、ローターを中に押し込みました。そして、ノーパンのまま、ジーンズをはきました。ジーンズをグッて上に上げると、あそこを押されて、中のローターの感触がきます。まだ、スイッチは入れてなかったけど、それだけでも感じちゃいました。

 スイッチをウエストから出して、ポケットに入れると、服装を正して、駅の構内に戻りました。歩くだけども、感じちゃってて、エッチな顔になってたのか、すぐにナンパされました。ナンパをかわしながら、大きな柱の所までいって、柱に寄り掛かって、人を待ってるような感じで立ってました。

 目の前を、たくさんの人が通ったりしてます。ジーンズのポケットに手を入れて、ローターのスイッチを入れました。ビクンって体が反応して、あそこの中でローターが動き始めました。どんどん感じてきちゃって、顔を伏せるようにして、感じてるのを我慢してました。

 時々、目の前の人込みとかを確認してると、またナンパされました。そうとうエッチな顔になってたのかな・・・。感じながらも、おかしな声にならないように気をつけて、適当に追い払いました。すぐ隣では、サラリーマンが立ってて、メールをしてます。どんどん感じてきちゃって、ジーパンの上から、ばれないようにあそこを押さえながら、少しずつ前かがみになっていきました。

 周りの人、みんなに気付かれて、エッチな目で見られてるような気がして、凄く恥ずかしいのに、「見て・・・」って思いながら、「んん・・・」って声が漏れて、いってしましました。隣にいた、サラリーマンが、私のことを見てて、

「大丈夫ですか?」

 って声をかけられました。慌ててローターのスイッチを止めて、恥ずかしくなってきたので、すぐにその場を離れて、トイレに駆け込みました。個室に入って、ジーンズとパンツを下ろして、ローターを取り出すと、ジーンズまで濡れてました。人前でいくのって、ドキドキして凄く恥ずかしいけど、感じちゃって興奮します。

 家についてからも、いつものように、玄関で赤い首輪をつけてから鏡の前で全裸になりました。そして、そのままよつんばいになり、お尻を鏡に向かって高く突き出し、バックからバイブを挿入しながら見知らぬ男性に太い肉棒でおまんこをかき回されるところを妄想しながらオナニーして、すぐにイッテしまいました。

 また、命令をお願いします。

オナニー狂

 みさとは高層マンションに住んでるので今日は大胆にオナニーしています。この前、ネットで特殊なバイブを買いました。床とか壁に固定できるバイブで電動式で自由に動くんです。ちなみに、名前は「くねくね君」。

 朝のシャワーを浴びてから、さっそくバイブを試してみました。マンションのベランダにでる窓ガラスの腰の高さの位置に「くねくね君」を固定しました。ちょっと動かしてみるとおちんちんのようにクネクネ動いています。とっても見てると恥ずかしい動きをします。きゃー・・・・恥ずかしい・・・

 それから、バスローブを脱いで裸になりました。まだ、お風呂から出たばかりなので湯気がからだからでています。窓に近づいてみると、湯気で窓ガラスがほのかに曇ります。

 おっぱいをゆっくり揉み始めました。乳首を窓ガラスにこすり付けるとひやーっとして思わずあそこがジーンとして。両方の乳首を窓に押し付けたまま、恥部を窓に擦り付けてみました。冷たい感触がたまらなく、湯上りの火照ったからだが余計に興奮して体中に電気が走ります。

「あーん、乳首が立ってきて・・・気持ちいいよ・・・・」

 クリトリスも弄び始めました。思わずクリがジーンとしてビクッとなり・・・・・固くなってきました。割目にそって指を滑らせます・・・ヌルヌル・・・ピチャピチャピャ・・・・・・もう、窓ガラスはみさとのえっちなお汁で濡れて・・・

 クリをツンツン叩きながら、クリの皮をゆっくりと剥いていきます。・・・ジーン・・・

「あーん、ダメダメ・・・そんなことしたらいっちゃうよ・・・・・あーんあーん・・・」

バイブに夢中なみさと
オナニー狂


 クリが固くなって大きなお豆のようになって真っ赤に膨らんでいます。そーっと、オマンコの中に指を3本挿入・・・ニュルニュルニュル・・・ピチャピチャ・・・・クチュクチュといやらしい音とともにからだが火照ってきて、勝手に腰が左右に動いてしまいます。もう、お汁がいっぱい垂れてきちゃって・・・タラタラタラ・・・・

「あーん、気持ちいいわ、はやく、太いオチンチン欲しいのぉ・・・もっともっと・・・・」

 割目からはヌルヌルした愛液が股まで垂れてきて、アナルまで濡れて光っています。鏡をのぞいて見るとみさとのいやらしい欲望の虜になった顔とからだが映っています。とうとう、おちんちんが欲しくなって・・・・・窓ガラスに固定したくねくね君におまんこをバックからゆっくり挿入・・・ニュルニュル

くねくね君
おもちゃ


 あまりにも濡れていたのですっぽり吸い込まれてしまいました・・・・スイッチ ON くねくね君がみさとのオマンコの中で踊っています。

「あーん。気持ちいいわ・・・腰が勝手に動いちゃう・・・・あんあんあんあんあんあん・・・・イクイクイク・・・・・・」

 窓ガラスに固定されているので家の外から、みさとの全裸のオナニーショーがガラス越しに透けて見られています・・・・そう思うともっともっと興奮してきちゃって・・・・・・お汁が・・・ジュワー・・・・・

 窓ガラスにみさとの愛液が上気した体から発する汗と一緒になって濡れて垂れていきます。スイッチを強にしました。腰がひとりでにいやらしく動いてしまいます。

「あーん、あんあんあんあんぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・気持ちはいいのぉ・・・もっともっと、深く挿入して突いて・・・・」

 思わず大声で叫んでいました。部屋中にみさとの恥ずかしいあえぎ声が響き渡っていました。5回もイッテしまいました。いやらしい雌犬にみさとはなっていました。

伝言調教

伝言調教

 ある日、みさとはちょっとした間違い電話をしてしまったことがありました。しかし、それがみさとを虜にしてしまう電話だとはその時は微塵も思っていませんでした。

 そこは電話の伝言センターでした。テレクラみたいに直接話すのはちょっと怖かったので、色々な男性のメッセージを聞いたり、たまには自分でメッセージを入れてみたり。男性のメッセージはほとんどが、遊び相手や彼女募集のものだったのですが、その中に、耳を疑うようなものがあってみさとは思わず聞き入ってしまいました。

 それは、その男性が女性に電話でいやらしい行為を色々命令したり、淫らな言葉を投げかけたり、言わせたりしている様子を録音したものだったのです。男性の言葉と、それに応えて消えるような声や、すすり泣くようなつぶやきで答える女性の声…女性がだんだん切羽詰っていって明らかに自分で自分を愛撫し始め、あえいでいる声まで鮮明に聞こえました。

 その男性は低い声で、少し乱暴で意地悪な言葉を使いながら、女性をじわじわと嬲り、でも間違いなく、感じさせていました。聞いているだけでみさともすっかり濡れてしまうほどでした。

 それ以来、その伝言センターによく電話をかけるようになり気づいたのですが、その男性は週に1,2度の割合で、新しい録音テープをメッセージにしていました。女性はほぼ毎回違う人のようで、シチュエーションもその時々で変わっていました。

 ある時は女性に、部屋のカーテンを開けたままで下着を取り、窓に向かって足を広げたままオナニーするように命じたり、台所の流しに手をついて立ち、お尻を突き出して後ろからバイブを入れて動かすよう仕向けたり…そして、そのようなテープが何分か流れた後、その男性は決まって

「自分も同じようにかわいがってほしい人、メッセージを残してください」

 と言って、そこでメッセージは終わり。

 1ヶ月ほどそのメッセージを聞きながら、みさとは何度も、自分がその女性たちになったような気持ちにかられて、恥ずかしいですがオナニーを何度もしていました。だって、聞き終わるといつもたまらないほど濡れて、あそこが熱くなっていたんです。

 そして、ついにみさとはたまらなくなって「興味があります」という伝言を返したのでした。そして、その男性に教えられた電話番号に、散々迷った挙句電話をしました。その男性は、穏やかな話し方で警戒心を抱かせずに、普通の話から、でも徐々に、みさとという女がどんなことに興味を持っているのかを上手に探り出しました。

 みさとが言葉にとても弱いこと、自分でしていることを確認されながら、じっと見つめられるようにして淫らな行為に溺れさせられたいと思っていることを知られ…そしてみさとは、等身大の鏡をベッドの前に持ってきて、その鏡の正面に位置するようにベッドの縁に座らされたのです。

 上はシャツを着たまま、下半身は下着だけという姿で。男性は、鏡の前で足を大きく開くよう、みさとに命じました。

『まだ何もしてないのに、もうパンティーの真ん中が濡れているだろう?』

『濡れた布が張り付いて、われめの形やヘアがくっきり見えてるじゃないか…』

『もっといやらしいことをしたいんだろ? じゃあ、足を開いたまま、パンティーの上から右手の中指で割れ目を下から上になぞってごらん』

 耳元で命令されることを、みさとは忠実に行いました。これ以上ないというくらい興奮していたんです。

 男性は、まるで眼の前でみさとを見ているような口ぶりでみさとの痴態を細かに描写し、次々と命令を下してきました。そしてみさとは、下着も取らされ、剥き出しになった自分のアソコをさらに指で大きく広げ、鏡でその姿を見るように命じられました。

『すごいな…ヘアも濃いけど、中の方はきれいな色じゃないか。すごくスケベなおまんこだな、みさと。』

『今どのくらい濡れているか、鏡でちゃんと見てみろよ…キラキラ光ってるぜ。こんなに濡れてちゃ何でも中に入りそうだな』

『指でクリトリスを剥いて見せてみなよ…もうこんなに勃起してる…もうこいつをいじりたくてたまらないだろ?』

『だったら、ちゃんとお願いしてみな… “みさとは、知らない男に命令されて、鏡の前でオマンコを広げてぐしょぐしょに濡らす淫乱です。このまま鏡の前で、勃起したクリトリスをしごいてオナニーしますから、見てください”って…ちゃんとイクまでおまんこを広げたまま、クリをこすって見せろよ…』

『ちゃんとみさとがイクまで、見ててやるからな。思いっきり声だしてイけよ』

 あんなにいやらしいオナニーをしたのは初めてでした。みさとはその人に言われるまま、いやらしい言葉を口にし、あえぐ声も全て聞かれながら、言われたとおり、足を広げたままクリトリスを愛撫し、あっという間に体がガクガクするほどイッてしまったのでした。

 つづく
有料アダルトサイト比較
マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。 マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。
アダルトサイト作成塾
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
美里の官能日記(姉妹サイト)
人妻のほんとにあったエッチな体験を報告しています 美里の官能日記
美里の官能小説館
女性のための濡れる官能小説をご紹介しています。
美里の官能小説館
女性調教・イメージプレイ
素人女性がエッチなM女に変身します。
女性調教
美里のプロフィール

美里 星菜

Author:美里 星菜
みさとはオナニーが大好きな現役女子大生。親子三代の生粋の江戸っ子。スリーサイズは88-58-88。3才の時からモデルで現在もグラビアアイドルとして芸能界で活躍しています。松嶋菜々子に似ているかなぁ。。。



オナニーリンク集(新着順)
著作権に関して
~ブログの著作権について~
作品の著作権につきましては 全て著作者に帰属します。 二次使用はご遠慮願います。
最近の公開作品
相互リンク・広告のお申し込み
現在、広告掲載のみ受付中です。相互リンクはお休みしています。リンク希望の場合は自動的に逆アクセスランキングに表示されますのでご自由に相互リンクにご参加ください。
広告掲載のお申し込みはこのメールフォームからお申し込みください。
みさとのお奨めエロ動画
読者の方からのコメント
アダルトサイト作成講座
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
オナニーランキング TOP50
みさとがおかずにしているサイト
究極のオナニー方法
究極のオナニー方法
エッチな告白体験談ブログ
エッチな告白体験談ブログ
エッチな写真
エッチな写真
女性のH体験告白集
女性のH体験告白集
エッチな若妻ナミの性癖
エッチな若妻ナミの性癖
スケベ夫婦のエロ日記
スケベ夫婦のエロ日記
女性のための官能小説
女性のための官能小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。