FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナニー調教(最終回)

 「オナニー調教(最終回)」

 こんにちわ、みさとです。先週、ビデオ屋へ行きました。でも、やはりどうしてもHビデオのコーナーへ入っていけませんでした。本屋でも、そうでした。

 男性が数人立ち読みをされていてみさとの方を不審な面持ちで見たので、こわくなり結局素通りしてしまいました。みさとはその時裸コートだったので、それを知られてしまうのではないかという不安もあったのです。

 以前より、匠様に言われていたことを実行しようと思い部屋で裸になり、コートを取出しました。裸コートは初めてだったので、みさとのもっている中でも最も丈の長いコートを選びました。

 素足だと変に思われるので、ガーターとストッキングを身につけましたが、それ以外は何もつけません。コートに手を通す頃にはもう、既にみさとはマン汁を溢れさせていました。

 裸コートをしようとお風呂に入りながらずっと考えていたので弄ってもいないのに、Hな気分がどんどん高まって知らないうちにとてもHなお○んこになっていたのです。少し割れ目に指を入れてお○んこ全体にマン汁を塗りたくりました。

 クリが普段よりも膨れて敏感になっていた気がします。感じてくると女性のお○んこはみんなこんな風に膨張するのでしょうか?みさとはそのままいってしまいたくなるので、すぐに手を離しひくひくさせながら、コートを着ました。

 家族の誰にも知られてはいけないので、一番上から下まで、きっちりとボタンを留めて玄関へ行きました。車にコートのまま乗り込み、エンジンをかけてビデオ屋さんに向かいました。

 匠様の言うとおり、赤信号で止まるたびにボタンを1つずつ外していきました。みさとはいつもより遠まわりをして暗い道を選びながら運転しました。最初の信号が赤だったので、足元のボタンをはずしました。

 次は青でした。その後しばらくは明るい道なので赤信号にならないことを願っていたのですが、500mくらいの短い間隔で連続して赤。みさとのボタンは3つ外れました。足元から2つ、襟元を1つです。

 左折の車が隣に並んでとまった時はみさとの方を見ているのではないかと思い、ドキドキしていました。次の信号は青でした。また暗い道になったので、少し安心して走っていたら、工事現場の信号が赤になったので止まりました。

 対向車が来る様子もなかったのですが、工事の距離が長いようだったので一応停車して青になるのを待ちました。青になるまで2分ちかくあったので、周りを見渡し誰もいないのを確かめてから、コートの胸元のボタンを2つ外し、思いきって胸をはだけました。乳房を両手で揉んだり乳首を捏ねたりして緊張しながらでしたが少し、感じることができました。

 青に変わってからも周りが暗い間はずっと胸を出したまま運転しました。どうせ、対向車からはライトの光でみさとの顔すら見えないだろうと思ったのです。みさとの乳首は固く尖ってきました。お○んこを触ってみるとグチュグチュです。そのグチュグチュな汁をできるだけ足を広げて足の付け根や内腿にも塗りたくりました。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

オナニー調教⑨

 「オナニー調教⑨」

 こんにちわ、みさとです。匠様、先ほど来客がありました。突然のことだったので、慌ててしまいボタンを1つかけ忘れていたようです。やはり、Hな気分の時に、来客があると、平静を装うのが大変です。

 でも、みさとのあそこはまだ湿っているようです。パンティの上からお○んこを弄っているのですが、指がなんだか濡れてきたようです。スカートを短くしてパンティの股布を横にずらして直にクリを責めています。みさとの恥かしい毛が見えます・・あ・・あ・・。クチュクチュ音がするう・・・

 みさと、、何してるんだろ・・こんな昼間から。。会社で。でも、、も、、止められないよぉ・・あ、、、いい、、匠様、、みさと、、自分のお○んこ、、、弄って、、感じちゃうの、、、あ、、、ああ、、んんんん・・・・・見て、、ほしいよぉ。。。。

 こんなに。。すごい、、音、、グチュグチュな・・の。匠様、、みて、、見て、、、くださ、いヌルヌルしてる・・お○んこ汁を乳首に塗っちゃった・・見てほしい、、乳首が光ってるの、、あ、、んん、、、

 このまま事務所を1周してきます。お○んこを弄りながら、胸を出して事務所を一回りしてきました。濡れた乳首に風が当りスースーした感じがありました。もう、いつ誰が戻ってくるかも知れないので早くいかないと、、、でも、もっと、、いやらしいことしてもっとえっちなお○んこになってからいきたい・・・

 パンティをぬいじゃいました。お○んこ丸出しです。隣のデスクの角にお○んこを擦り付けてきました。みさとの汁で濡れています。他の男性社員のペンのキャップ部分を少しだけ挿入してみました。

 その人に犯されている気分にちょっとだけなりました。ああんん、、縛ってほしい、、もう、、だめ、、みさと、、、もう、、いきたい・・このまま、いっちゃいます。

 また、勤務中にオナニーしてしまいました。みさとはHな気分になると、どうしてもその衝動を抑えられません。外出していても、Hな気分の日はトイレとか、車内でオナニーしてしまうんです。ゴルフボールは1つよりも2つ入れた方が気持いいこともわかりました。

 早く、バイブがほしいです。吸盤付きのオモチャのおちんちんがあるらしいのですがそれも欲しいでのす。壁や床にくっつけて騎上位や立ちバックでしている気分になれそうで、、きっと壁も床もみさとのマン汁でビッショリになるだろうと思います。

 また、恥ずかしい課題を待っております。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

発情期

 「発情期」

今日も朝からお○んこがうずいてたので、みさとはバイブをぶっこんで慰めてみたの。

イクにはイッたけど、物足りな~い。
感触が、やっぱり、違うんだもん。
ホンモノのちんぽが欲しい~・・・。

誰でもいいから、来てちょうだい。
そう思って、何人かのセフレに電話してみたけど、今日に限って、誰もつかまらない。

あ~あ、こんないい女が、お○んこ濡らして悶々としているのに、世の男性って見る目がないわね。

外に出てみようかしら・・。
天神あたりをもの欲しげにぶらついていたら、きっと、誰か声をかけてくれるに違いない。
きっと、最初に声をかけた人に、みさとはついていくわ。

それが、たとえ下品なおじさんだったとしても。

ねえちゃん、ええけつしとうやないか。
一発、させんか?

みさとは薄汚い、場末の安ホテルに連れ込まれるの。
風呂も入らずにおじさんは、ちんぽをみさとの目の前に突き出して・・。

「さ、舐めえや」

半立ちになったちんぽを、みさとは下からぱくっと咥え取る。
そのまま舌をれろれろ、亀頭を揉むようにうごめかせるの。

おじさんのちんぽが固くなってきて、みさとの口中を満たす。
ときどき、手でしごきながら、たまも舐めてあげる。
タマを一個ずつ舌で転がしてあげる。

「こ、今度はわしの番じゃ」

発情期

おじさんはみさとを裸にして、ベッドに寝かせる。
足を両手で開いて、お○んこをしげしげと眺め・・。

なんちゅう、いやらしいおめこや。
びらびらが少し黒ずんどる。
下品な色やなあ。
お豆が、こらまた、おっきいなあ。

おじさんはクリをつまみ、きゅっとひねる。

「あ、ふん」

みさとは、鼻声を出す。

おじさんはそれから、狂ったようにお○んこを舐めまわして・・。

ああ、もう我慢できないわ。
外に出る。
天神に行くわ。

もの欲しげに道行く男たちを眺めている女がいたら・・。
それがみさと。
誰か、声をかけてね。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

精液にまみれて

 「精液にまみれて」

5年くらい前の事なんだけど、元彼とみさとと元彼の友達2人で元彼の
部屋で飲んでたときのことです。

お酒が入っていたせいもあってだんだんと話の内容がHな方向になって
いき、元彼の友達2人(A、B)が童貞でまだ女の子の裸を生で見た事がないという話になりました。

すると、酔っていた元彼はみさとを後ろから抱きしめると2人に見せつける
ように服の上からみさとの胸を揉み始めました。

最初は抵抗したんだけど、だんだんと気持ち良くなってきちゃって
元彼のなすがままになってしまいました。

「Hな気分になってきた?」

元彼に聞かれたので

「・・・うん」

って答えると

「こいつらにみさとの裸見せてあげようか?」

って言われ、さすがに

「え-!やだよ-」

って断ったんだけど、AとBが

「みさとちゃん、お願い!見せて!!」

っていう感じであまりにも一生懸命頼むんで見せてあげることに
しました。

すると元彼はアッというまにみさとをパンツだけにし、片手でおっぱいを
揉みながら、もう片方の手をパンツの中にもぐりこませてアソコを
触ってきました。

精液にまみれて

凄く恥ずかしかったけど、感じちゃって思わず声が出ちゃいました。
そして、とうとう元彼にパンツを脱がされ、AとBにアソコが
見えるように足を開かされました。

「すげ-!!濡れてるよ-!」

「うわ-!お○んこ初めて生で見たよ!!」

AとBはそう言いながらみさとのアソコがよく見えるようにちかいづいて
じっとアソコを見ています。

「オナニ-見せてあげなよ」

と元彼に耳打ちされたみさとは酔っていたのと、Hな気分になっていた
せいでアソコに手を伸ばしオナニ-を始めました。

それを見ていたAとBはガマンできなくなったらしく、ズボンとパンツ
を脱ぐと大きくなったオチンチンをしごき始めました。

それを見てさらに興奮したみさとの手の動きはさらに激しく、イヤラシクな
りました。

「ああ・・・イキそうだ!S(元彼)、みさとちゃんにかけても
いいか?」

Bが元彼に聞いていたので、

「・・・顔とアソコ以外ならイイよ・・・」

とみさとが言うと、

「ああ・・・イク、イク!!」

言った後、Bが右のおっぱいにたくさんの精液をかけました。
その後、今度はAが左のおっぱいに熱くて濃い精液をいっぱい
かけました。

2人の精液は凄く熱くてそれに更に興奮してしまいました。
そしたら、その光景に興奮した元彼がみさとを押し倒し、生でオチンチンを
挿れてきました。

いつもはゴムするんだけど興奮してたせいでそれどころじゃなかった
みたい。

やっぱり元彼のオチンチンは凄く気持ち良くて何回もイッちゃい
ました。

「みさと、中に出してイイ?」

この日は安全日だったので、もちろん中に出してもらいました。
ドピュ、ドピュとアソコの奥に元彼の熱い精液がいっぱいかかって
最高に気持ち良かった・・・。

その後、元彼の精液がたれてきてるみさとのアソコを見ながら、AとBが
オナニ-して精液をおっぱいにかけて、それを見て勃った元彼が
オナニ-してアソコに精液をかけました。

その後も、3人に2回ずつ精液をかけられました。
凄く興奮したし気持ちよかったです。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

オナニー調教⑧

 「オナニー調教⑧」

 こんにちわ、みさとです。今日はみさとの恥かしかった体験をお話しします。まだ、みさとが高校生くらいの時のことです。ボーイフレンドとデパートで買い物をしていました。

 それで、どういう経路てそうなったのかは覚えていませんが、屋上に行ってみようということになり、二人で屋上に上がり欄干のところで、道路を走る車や学生達を眺めていました。そこは立入禁止というわけではなかったのですが人気がなく、駐車場にも車は止まっていませんでした。

 彼が何気なくみさとの後ろに立って、背後からみさとを軽く抱きしめてきました。みさとは、その人のことをキライではなかったので、あまり抵抗もせずに景色を眺めていました。

 しばらくすると、彼の手がみさとの胸の辺りにきてみさとがビックリして逃れようとしたら、きつく羽交い締めにしたんです。それで、抵抗もあまりできずに結局されるがままでした。ブラウスのボタンを外してブラをずりあげて胸を揉んでくるんです。

 みさとは恐くなって、、、動けませんでした。揉みながら、彼のアソコをグイグイと押しつけてきてみさとが動けないように足まで絡ませてきて・・・

 そんなことをされていたら、下にいた高校生か中学生くらいの子達が屋上の私に気付いてしまったみたい。いつのまにか、皆がこっちを見ているんです。「スゲェ・・」そんな声まで聞こえてきました。

 みさとは恥かしくて、、、でも身動きがとれず、顔を覆う事もできませんでした。しばらくしてから、解放してくれたのですが、彼とみさとのいやらしい行動は多くの人に見られてしまったのです。

 その後、柵から離れて下からどこからも見えないところに連れていかれ、そこでは上半身裸にされ執拗に胸を弄ばれました。みさとは誰かが来るかもしれないという不安と突然そんな事をしてきた彼への恐怖、人に見られた恥かしさでいっぱいでした。誰かの「スゲェ・・」その一言がずっと頭の中で繰り返されていました。

 その後のことはよく覚えていないのですが、これがみさとにとって、一番恥かしい出来事です。今まで人に話したこともありません。

 また、恥ずかしい課題を待っております。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

オナニー調教⑦

 「オナニー調教⑦」

 こんにちわ、みさとです。匠様、今回は、みさとのオナニーの報告でもいいですか?匠様が以前お話してくださった夢をみさとはいろいろとアレンジして想像しながらオナニーしてしまったのです。

 友人とカラオケに行ったときのことです。友人といっても、かつての恋人で、数年ぶりに偶然再会して、久しぶりに一緒に遊ぼうということになったのです。

 でも、その日は会社でみさとはHなことばかり考えていて早く家に帰ってオナニーしたくてたまらなかったのです。強引に誘われて、結局ついていってしまいました。

 歌を聴いている間ずっとHな気分がおさまりません。無意識のうちに元彼の股間に目がいってしまいました。みさとはもうどうしようもないのでおトイレにいきました。女子トイレの扉を開けると和式の個室が2つ並んでいました。みさとは奥の方のトイレに入りました。

 トイレに入ると、スカートの丈を思いきり短くしてパンティを脱ぎました。そして、トイレに誰も居ないのと誰かが入ってくる気配がないのを確認してから、思いきってドアをあけました。

 ドアの前には恥かしい姿のみさとが鏡に映っていました。丁度、トイレの便器のところが一段高くなっていたので、洗面台の鏡にはみさとのお尻の辺りはよく見えたのです。

 段を降りてしまうと見えなくなってしまうので、ドアが閉まらないように足や手で押さえながらみさとの短いスカートはどんな風に見えるのかいろんなポーズをとってみました。

 後ろ向きでほんのちょっとでも屈むとお尻が見えてしまいます。耳を澄ましても誰も来ない様子だったので、今度はもっとスカートを短くしてみました。もう、お○んこの毛が見えるくらいです。

 とても恥かしい姿でした。でも、どんどん興奮してしまうんです。それで、足を開いてスカートを完全にお○んこが丸出しになるくらいにしました。それから、割れ目に手を伸ばして確かめてみたんです。もう、どうしようもないくらい濡れていて、ヌルヌルするんです。

 そんな自分が何故だか嬉しくて、鏡を見ながらオナニーを始めてしましました。自分のもっといやらしい姿を見たくなってしまい、今度は体を反らせて割れ目を押し開き、鏡に映そうとしました。なかなか割れ目が見えるようにはできなくて残念だったのですが、そんなことをしているみさとが変態に思えてきて・・・

「みさとは変態淫乱女です。このマン汁でいっぱいになったお○んこを是非、みてください。ここに・・ぶちこんでください・・」

 そのようなことを言ってしまいました。それで、ドアに凭れながら、今度は胸も露出して乳首を摘んだりして、クリとみさとのいいところを同時に刺激して時々は、手の平にお○んこをすりつけてみたりしながらいってしましました。

 いったあとは指を深く挿し込んでしばらく余韻に浸っていました。いったあとの自分の顔は恥かしくて見ることはできずに、トイレのドアを閉め、思いきって全裸になりました。

 まだ、誰も来ないようだったので、少しだけドアを開けて全裸のみさとを鏡に映しました。でも、あまり戻るのが遅いと連れが気にするだろうと思ってそれ以上はなにもせずに、服を着て、パンティをはいて戻りました。

 その晩、家に帰ってからこのことを思い出してまたお○んこをグチョグチョにしてしまいました。今も、もちろん思い出しながら濡らしています。もしかしたら、Hな匂いがしているのかもしれません。

 また、恥ずかしい課題を待っております。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

オナニー調教⑥

 「オナニー調教⑥」

 こんにちわ、みさとです。運良く、今日も社員は皆外出です。匠様、みさとは今日久しぶりにゴルフボールをパンティに入れてみました。

 お昼頃、だれも戻ってこないので、バッグからボールを取出して割れ目を少し指で広げてから、ボールがいいところに当るようにしてからパンティを履きました。みさとはゴルフボールには弱いみたいです。

 だって、いつも入れるとすぐにグチョグチョお○んこになってしまうんです。今日だってそうでした。入れてから1分と経たないうちに、なんだか凄く濡れているような気がして、給湯室でパンティに手を入れて割れ目をちょっとなぞってみたら、ぐちゅって音がしたんじゃないかってくらい濡れていました。

 それで、こんなにすぐ濡れちゃうなんておかしいと思い、もう少し奥まで指を入れて確かめてみました。

 右手の一指し指と中指でお○んこをクニュクニュしてみました。やっぱり、すごく濡れていました。ボールをまた、パンティに入れて歩いてみたらすごく滑りがよくて、気持いいんです。濡れてぐっちょりのお○んこボールでみさとはまたオナニーしたくなってしまいました。

 今日は、給湯室で、下半身裸になりおまんこを丸出しにして、立ったまましました。クリや穴を軽く指で叩くようにするとピチャピチャをいやらしい音が聞こえてきて、みさとが凄く変態的なことをしているんだと感じさせるんです。

 それで、余計に良くなってきてしまって中指を薬指、2本の指をお○んこの穴に突っ込んで抜き挿ししました。時々、屈むようにして自分のお○んこを見ながらいじりました。

 黒い毛がいやらしいみさとの汁でテカテカしていました。もう、こんなに淫乱な自分が恥かしくて堪らないのにどうしても止められず、いきたくてしかたがありません。

 前回よりももっと声を出してオナニーしました。匠様、こんな時に言う卑猥な言葉を課題として出してください。

 みさとはHな気分が高まってくると淫猥な言葉を聞いたり言いたくなってしまうのです。これは匠様に調教していただくようになってから気付いたことなのですが、みさとはいやらしい言葉を聞くのが好きなだけじゃなくて、自分でも言いたいみたいです。

 今日は、でも、Hなことは言いませんでした。ああ、、とか、いく、、、とかそんなことだけです。それで、そのまま給湯室でお○んこをびっちょりにして喘ぎながらいってしまいました。

 そのあとは、スカートをはき、ボールを洗ってバッグへ戻しお○んこをきれいにしてデスクにもどりました。給湯室にみさとのいやらしい匂いがこもっていなければ良いのですが・・・

 また、恥ずかしい課題を待っております。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

おまんこ遊び

 「おまんこ遊び」

みさとはけっこう、年上の人が好き。
包容力につつまれて、じっくり、ゆっくり、ねっとりと愛されるのが好きなの。
そりゃあ、若いひとにガンガンに突かれたいと思うときもあるわよ。
そのとき、そのときの気分で違うんだけど・・・。

3年くらいまえ・・派遣先の会社の上司と、一ヶ月間くらい間、不倫関係だったことがあった。

短い間だったけど、この上司とは本当に燃えた。
濃厚なエッチもそうだったけど、いやらしいプレイをよく楽しんだわ。

ある夜・・。
いつものようにみさとの部屋に来た上司に

「ねえ、欲しい。早く入れて」

みさとはそう言って、いきなり下半身を丸出しにして、四つんばいになった。そして、上司におしりを向けたの。

お○んこの全体がよく見えるように、指でVの字をつくって、
陰唇を左右に拡げた。
ピンクの襞の細部までもがくっきりと見えるように・・・。

「面白い遊びをしようか」

上司はいつものエッチな笑いで言ったあと、みさとのお○んこに口をつけた。

そしてね、陰唇の間にぷ~っと空気を吹き込んだの。
そして、すばやく、指で閉じた。

すこし、時間が経ってから、そっと手を離した。

「いやあん、何をしたの?」

おまんこ遊び

みさとは不安そうに訊いた。

「いいから、そのまま動かないで」

上司は笑いながら、そういう。

そうしてたら、お○んこの中に吹き込まれた空気が外に出ようとするわけ。
で、「プッ」と音をさせて外に漏れ出るのよ。
なんかオナラみたいで、めちゃくちゃ、恥ずかしいの。

「やだあ~」

そういうみさとに構わず、上司ったら何回も同じことするのよ。
みさとが何回も「プッ」とお○んこに音をさせるので、上司は

「ちょっとした芸だな」

とみさとをからかうの。

そんな恥ずかしいことをされたあとのエッチって凄かった。
時間をかけて、ねっとり、女体を弄ぶテクニックに、みさとは何度も失神させられちゃったわ。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

身体の相性

 「身体の相性」

 万事控えめで優しそうな、となりの課の課長さんはみさとのタイプ。
40は過ぎているときいたけど、とてもそうは思えない若々しさ。
いいのよね、分別があって、しかも若い感じのオジサマって・・。

飲み会で斜め向かいに座ったわ。
みさとはしきりに秋波を送りながら、彼を見つめた。
だって生理前で、朝からあそこが疼いて仕方なかったんだもん。

座がやがて乱れてきて、みさとは彼の隣に移動して、ときおりズボンの太ももあたりに手を置きながらお酌。
そしてあたりを見計らった後に、彼の耳もとに囁いたの。

「このあと、ふたりっきりになれませんか?」

二次会の流れから、別々に、隙を見て離脱して、みさとたちは近くのカフェで落ち合った。

こういうことに慣れてないらしい彼は、どぎまぎしててとても可愛い。

「・・・抱いてくださいますか?」

そう言ってみた。
彼の喉仏が、ごくり、と動いた。

タクシーで郊外のラブホに乗り付けた。
お風呂で荒いっこしてるうちにふたりとも発情してきた。
長いディープキスのあと、びんびんになってる彼のちんぽをみさとは舐めまくって、戦闘体制に仕上げてあげる。
ベッドに導いて、みさとは大股を広げて彼に言った。

「入ってきて・・!」

みさとがリードしたのはそれまで。

彼が侵入してきた途端、みさとは別世界に飛ばされた。
何が起こったかわけがわからず、ただ闇雲に叫んでいた。

何度も何度も強烈なエクスタシーの波をかぶって、みさとの全身は感電したような状態をくりかえす。
彼は一度、みさとのおなかに放出して、聞いた。

「いくの?まだ、いくの?」

その頃、みさとは声すら出すことができなくなっていて、夢中でうなずく。

彼は指を使いはじめた。
二本の指で、みさとに教えられたGスポットのあたりをえぐる。
そうやってみさとがもう一回イクと、彼が元気になってきた。

そして・・・。

彼は合計で3回放出し、みさとは・・・。
数え切れないくらい、イかされてしまっていたわ。

体の相性ってあるのね。
おんなじようなエッチで、どうしてここまで感じる人と感じない人があるのかしら?

彼は妻子持ちなので、奪うことはできないけれど、いつでもお互いに、したくなったときに貪り合える関係でいられたら、幸せかもしれない。

作者の創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

有料アダルトサイト比較
マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。 マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。
アダルトサイト作成塾
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
美里の官能日記(姉妹サイト)
人妻のほんとにあったエッチな体験を報告しています 美里の官能日記
美里の官能小説館
女性のための濡れる官能小説をご紹介しています。
美里の官能小説館
女性調教・イメージプレイ
素人女性がエッチなM女に変身します。
女性調教
美里のプロフィール

美里 星菜

Author:美里 星菜
みさとはオナニーが大好きな現役女子大生。親子三代の生粋の江戸っ子。スリーサイズは88-58-88。3才の時からモデルで現在もグラビアアイドルとして芸能界で活躍しています。松嶋菜々子に似ているかなぁ。。。



オナニーリンク集(新着順)
著作権に関して
~ブログの著作権について~
作品の著作権につきましては 全て著作者に帰属します。 二次使用はご遠慮願います。
最近の公開作品
相互リンク・広告のお申し込み
現在、広告掲載のみ受付中です。相互リンクはお休みしています。リンク希望の場合は自動的に逆アクセスランキングに表示されますのでご自由に相互リンクにご参加ください。
広告掲載のお申し込みはこのメールフォームからお申し込みください。
みさとのお奨めエロ動画
読者の方からのコメント
アダルトサイト作成講座
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
オナニーランキング TOP50
みさとがおかずにしているサイト
究極のオナニー方法
究極のオナニー方法
エッチな告白体験談ブログ
エッチな告白体験談ブログ
エッチな写真
エッチな写真
女性のH体験告白集
女性のH体験告白集
エッチな若妻ナミの性癖
エッチな若妻ナミの性癖
スケベ夫婦のエロ日記
スケベ夫婦のエロ日記
女性のための官能小説
女性のための官能小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。