FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館

 「映画館」

 先週、みさとは痴漢されちゃいました。その日は凄くムラムラしてて友達の話しを聞いてて好奇心もあり、ポルノ映画を見に行ってみようと思ったんです。

やっぱりやめようか何度か迷ったんですけど、意外に女の人も何人か普通に入って行くのを見て、みさとも入っちゃいました(>_<)こそこそと隠れるように一番奥の隅の方へ。映画が始まるまでかなりドキドキしてました。

 そして、映画が始まって10分くらいでしょうか?スっと男の人がみさとの左隣に座ってきたんです。横目でチラっとしか見えなかったんですけど、帽子を被りジャージっぽい服装でした。「こんなに空いてるのに何で?」始めはそう思ってたんですが、もしかしたら…と思い当たり、一気に緊張しました。

 すると予想通り、スカートの上から脚を遠慮がちに撫でてきたんです。どうしよう…って迷ったんですが、その時凄く興奮していたこともあり、冒険してみたくなってそのまま様子を見る事にしました。みさとが何も抵抗しないのが分かると、その彼はスカートを少し捲くって内股を撫でる様に少し汗ばんだ手で触ってきたんです。

映画館

 そして、脚を少し開かせるようにして、パンツの上から秘部を優しく撫でてきたんです。みさとはもうその状況に興奮してしまって心臓がバクバクでした。指がクリを探す様に動き、そこに到達すると軽くクニュクニュと撫でてきて、布と擦れる感じが堪らなくて思わず声が出そうになり両手で口元を押さえました。

 その様子をチラっと確認したように見て、いよいよパンツの横から指が侵入してきました。かなり濡れてたと思います。息も出来ないくらい興奮してかなりドキドキ。軽く撫でる様にクリからお尻の穴まで何度か往復させ、ゆっくり挿入したかと思ったらすぐ抜いたんです。「え?」と思っていると彼はクイっと上体をこちらに向けるような格好になり「凄い濡れてるね」と耳元で囁きました。

初めて声を聞いたのと、濡れてるねと囁かれて、一気に体が熱くなった感じでした。すると腿を優しく撫でながら「…もっとする?」と聞いてきたので、少し控えめにコクリと頷きました。そして彼はみさとの履いていたパンツを脱がし、みさとの両足をグイっと左右のひじ掛けの所に掛けたんです。

 暗くて人の少ない映画館でも、こんな所で秘部をさらけだして大股開きするなんてかなり恥ずかしくて、誰かに気付かれるんじゃないかって思うと…。彼はくっつくようにみさとの方へ寄ってきて、またみさとの秘部へと手を進めました。ヌルヌルと入り口付近を撫で、たまにクリを触りながら「硬くなってるね」って耳元で囁くんです。余計興奮しちゃって顔が真っ赤だったと思います。

 そしてゆっくりと1本の指で奥まで入れたり出したり。焦らすようにゆっくりと。その度に声が出そうになりました。言葉攻めが好きなのか、終始耳元で「中、凄く熱いよ」とか「可愛いね」とか…。もう凄く気持ち良くなっちゃって、息も段々荒くなってきてたんです。指を2本に増やし、少し激しく出し入れ。

 ぐちゃぐちゃと音が少し聞こえ、声も「あっ」って小さく出ちゃったけど、映画の音に紛れて何とか。もうイキそうでぎゅーっと彼の服を掴んで訴えると「イクところ見せて」と言って一層激しくぐちゃぐちゃ指を出し入れしてクリも触られて…。

 今までに無いくらい気持ち良くイってしまいました。初めての映画館での体験だったんですけど、帰り際「またね」って言われてまた来ようかなぁ、なんて(笑)


スポンサーサイト
[PR]

ロマンスグレイ

 「ロマンスグレイ」

 先週、みさとは出会い系サイトのラブサーチで、55歳のロマンスグレイのおじ様と知り合いました。

 今日はその人とHした時のお話です。みさとはあまり年上の人とHする機会がなく、年下続きでおじ様って年齢の人としたくなったのです。おじ様はローターとバイブを買ってきていてホテルの部屋に入るなり、みさとに抱き着いてきてHするのが久しぶりらしくて、鼻息荒く胸をモミモミしてベッドに押し倒してきました。

 ちょっと煙草臭い口でガバッとキスされたからお返しに舌を入れて絡ませてあげたら、ハァハァ言い出していきなりパンティの中に指を入れてきました。

 みさともこんなおじ様に抱かれるってちょっとしたレイプちっくな感覚でいたので、もう花園からは蜜が溢れまくっていて

『舐めてぇ~』

って大きく股を開き、自分でビラビラをこじ開けておじ様を誘ってあげました。



 おじ様はハァハァ言いながらぴちゃぴちゃって舐め始めました。

『あ~ん 気持ち良い~』

って身悶えるとめちゃくちゃ興奮しながら、買ってきたローターを取り出してクリトリスに当てながら舌で花園を舐めて攻めてくれました。

あぁぁん…ローターはめちゃくちゃ気持ち良い

花園を舐めながら指で掻き交ぜてくれる

もう ダメ…

ピシャ ピシャ 潮吹いてしまった…

ロマンスグレイ

お返しにおじ様の7分立ちの肉棒をくわえてあげた

「はぁぁ 気持ち良いよ…みさとちゃんはフェラが上手だね」

フェラしてるとおじ様が「お尻こっちに向けてごらん」と言うから向けてあげる…

潮で濡れてるオマンコをペロペロ舐めては 「美味しい」と言ってくれた…

そして 巨大なバイブを突っ込まれた



 ウィ~ン…とバイブがいやらしく動き膣の中を擦り上げてくる。バイブを抜いたり入れたりされてるうちにまた潮が飛び散り、我慢出来なくなっておじ様の少し固くなった肉棒にまたがり静かに腰を降ろして狂ったように腰を振っていた。

 おじ様はたまらなく気持ち良さそうな顔で「みさとちゃんのアソコ 僕の息子を締め付けてくるよ…もう 我慢出来ないよ」

そう言うと体勢をバックに変えて、みさとのお尻を鷲掴みにして後ろから逞しくズンズン突き上げて…

「あぁぁ…」って言いながら みさとの背中に白い分身を放っていました。

おじ様とのセックスもたまには良いなぁと思いました。


ファッキングマシーン

 「ファッキングマシーン」

 先週、みさとはネット通販でファッキングマシーン(オナニーマシーン)を購入しました。

 いつものように「ピンクの魔法箱」のエッチな動画を見ていたら、股間がムズムズしてきてグショ濡れになっていました。しばらくするともう限界になってしまい、パンティーの上からクリトリスを擦り、横から指を入れてクリちゃんを弄ると、お○んこのエロ汁がもう止まりません。

 パンティーを細く絞って割目に食い込ませて上下に股間を擦り上げていると、お汁がパンティーに染み込んできます。ニュルニュルさせながらも凄い勢いで擦り付けていると股間に差し込むもっと大きなものが欲しくなってきました。

 そこで、机の引き出しの中にこっそり隠しておいたファキングマシーンを持ち出してきて、ちょうどいい高さのところにセットしました。ブラもパンティーも脱いで裸に。よつんばいになってマシーンの先端をお○んこにそっと挿入。もう、濡れた股間はすっぽりマシーンを受け入れてしまいました。そして、コンセントに差し込んでスイッチをオン。

 始めは低速でピストン。マシーンが出入りするたびにグチュグチュとイヤラシイ音が部屋中に響いて興奮が高まります。

「あんあんあんあん・・・気持ちいい・・・・もともっと・・突いてぇ・・・」

ファッキングマシーン

 乳輪がブツブツになり、乳首が痛いくらいに尖ってきます。しばらく焦らしてじっくり出し入れを堪能した後、スイッチを高速モードに切り替えて強烈ピストンに。みさとはもう大きな声で喘ぐことしかできなくなり、最後には放心状態になりよだれを垂らしながら深く深くイッチャいました。

「いやーん、あんあんぁぁぁぁぁぁぁ・・・・いっちゃういっちゃう・・・・・・・あーん・・・お尻はお許し下さい」

 身体がガクガクして痙攣がしばらくの間止まらないくらいに激しくイキました。この様子をデジカメでセルフ撮影しておきました。あとでそれを見ると、お○んこの回りには白いエロ汁が真っ白に付着していてみさとのイキ顔の表情も恥ずかしくなるくらいに歪んでいました。

 もう、ファッキングマシーンは病みつきになりそうです。

お潮いっぱい吹いちゃった

 「お潮いっぱい吹いちゃった」

その日は男の子と2人で飲んでたんだけど、
飲んでる最中からなんとなくエッチな気分になっちゃって。。。
思わず、みさとのおっぱいが彼の腕に軽くふれるくらいの強さで、
彼に腕を絡めてあまえてたんだぁ。


ギュッ、とおしつけたりはしないよ?

触れてる、かな、、くらい。


みさとはおっぱいの先を軽く這わせて、彼の腕の感触を確かめる。
彼の腕が、みさとのおっぱいを意識して緊張してるのが伝わってくる。
つられて、みさともドキドキ。。。

ホテルについてからも、みさとは彼にもたれかかってお酒を飲みつつ
フワフワしてました。そして彼は、そんなみさとのスカートに手を入れて
内ももをゆっくり指で吸い付くようになぞりはじめて。

みさとは、おっぱいやクリを刺激される前から感じっぱなしだったの。


「ぁぁ。。ぁ、うぅ。。 んっ、、ぁっ、」

お潮いっぱい吹いちゃった

早くパンティの中に入ってきてほしいのに、太もものつけねで
引き返す彼の指。いじわる。
その指は、パンティの上からお腹の下をなではじめる。
そのままお○んこの際を横切って、おしりの方へ・・・と、思ったら!

急に指の調子が強くなって、みさとのパンティを
ギュッとTバック状に掴んでお尻に食い込ませたの!!
いや!! 急にそんな刺激、ダメ!!!

みさとが目でおねがいすると、今度は足のつけねからパンティの中に指を入れられて。。。
そのときには、もうみさとのお汁でグショグショになってた。
ヌルヌルでも、クチュクチュでもなく、グショグショ。。。

彼の手がみさとの液にみさとれながら、みさとのことを気持ちよくしてくれる。。
その手が動くたびに喘いでいたら、もう片方の手で乳首を刺激されて、、、
我慢できなくて声をあげてイキまくっちゃったょ??(つo`*

もう何回イッたか全然わかんない(汗)。



そして、「みさとにもくわえさせて」っ…


   吸いついちゃった。


彼もすごぉく我慢してたみたいで、彼のおちんちんの固さと、さきっぽから出てくる
やわらかい液体が、みさとのおくちの中で気持ちよさそうに動いてたの。。。

あぁ。。もうだめだよ。。

みさとの上のおくちも、下のおくちも、気持ちよすぎて、、
もっともっと気持ちよくなりたがってる、、、



そのおちんちんで、みさとのこと、めちゃくちゃにしてほしい、、、
今おちんちん入れてくれるなら、みさと、なんでもしちゃうかも?
…って気分になっちゃいました。

それでもね、お互いの大事な部分をいっぱい感じられるように、
最初はさきっぽだけゆっくり出し入れして、、、
でも、そこでもう、みさとがギブアップして、またイキまくりで、、、

よく覚えていないのだけど、おちんちんを1往復させるたびに
みさとが喘ぎながらすごい腰ふってたんだって!
彼と一緒に何回もイッちゃいました。
終わったあと、みさとのおしりよりも大きな水たまりが
ベッドに上にできてて、びっくりしちゃった!!

でも、あとから聞いたら、指で攻められてるときからイクたびにおもらししてたみたぃ。。
ほんとかなぁ?。ほんとだったら、すごい恥ずかしぃよぉぉぉぉ!!


でも、またこんなふうに気持ちよくなりたいな。。。(*´Д`*

夏の夜祭り

「夏の夜祭り」

  昨日の夜は彼氏と友達4人のカップルで夏の夜祭りに遊びに行ってきました。浴衣を着ていましたが下着は一切付けずに浴衣一枚を身体に羽織った姿でした。でも浴衣はかなりの緊張感と刺激がありました。近所のディスカウントストアで買った物だったので作りは結構ちゃちな感じでしたがそれが快感につながったのかもしれません。

  着る時も胸元を少し開け気味で着ていました。人込みの中を歩くと特に目立つ訳ではないのですが、何度も人にぶつかったりしてる内に乳首が擦れて次第に股間がムズムズして濡れてくるのを感じました。金魚すくいのお店ではしゃがんだりもしました。多分、濡れたあそこは見えてはいないと思いますが気になって仕方なくずっとモヤモヤした気分で浴衣の中で太ももはヌルヌルしていました。

夏の夜祭り

 祭りも終わりこのまま帰るのかと思っていたのですが向ったのは森林公園でした。みさとは体が熱く疼いてしまっていました。車を降りると帯を取られてしまい両手を後に縛られてしまいました。浴衣ははだけてあそこがチラチラ見える格好のまま歩きました。

 もう身体は隠せなくもし誰が来てもしゃがむ位しか出来ない状態でした。しばらく歩いていると益々感じでしまいあそこもヒクヒクさせていました。そして公園の暗がりに中、大きな松の木の前で木に立ったまま寄りかかった状態で目隠しをされて、三人に言葉責めされながら3回もイカされました。

 「みさと、もうこんなにお○んこが濡れてるじゃん・・」

 「ほんとだ。もうトロトロになってお汁が太ももに垂れてるね」

 「いやーん、恥ずかしいよ・・・」

 「ほら、みさと!バックから嵌めてやるから、いい声で鳴きな!」

 「あーん、あんあんあんあんん・・・いっちゃういっちゃう・・・もっともっと、犯してぇ・・・」

 遠くから祭りの太鼓の音をかすかに聞きながら、みさとは快感の渦の中にいました。 

レストラン

 「レストラン」

最近、みさとがちょっといいな?って思ってる人と
ご飯してたの。

壁際のソファー席に並んで座ってたのをいいことに
背中に手をまわして服の下から彼の肌をなでなでしたり、
そのままパンツの中に手を入れてお尻をなぞったり、
脇の下から指を入れてこちょこちょしたりしてたら

「男女逆だったら絶対つかまってる・・・」

ってゆわれちゃいました(笑)。
でもさぁ、好きな人の隣にいたら色々触りたくなっちゃうよねぇ?


みさと、好きになる人のあったかい肌と自分の肌がふれあってる
時間が大好きだから。。。あとね、好きな人の身体の匂いとか
すぐにクンクンしちゃうのぉ。。
暖かくて、甘くて、いい匂い。
クンクンしながら、さわさわ、ペロペロするのも好き。。

レストラン

お店を出る直前、おちんちんもズボンの上からちょっと触っちゃった。。
そしたら、もう熱くて固くなってたよ。。。
思わず感触を確かめたり、にぎにぎ、なでなでしてたら

「さわりっぱなしなの??」と彼。

「うん♪」
「くわえっぱなしでもいいんだよ?」
「うん?」

時間がなくてそのまま帰ってきちゃったけど、そのあと
彼はどうしたのかなぁ。。。


・・・なんて想像しちゃてひとりHしちゃいます(/∀〃)

ノーパンで露出

 「ノーパンで露出」

バイト帰りに同僚と少し飲みました。
みさとだけ帰りは別方向。

乗り換え駅で、勇気を出してトイレに行き、
興奮でぐちゅぐちゅになったパンティを脱ぎ
かばんの中に入れました!

ホームへ向かう階段を降りるとき、すごく緊張した。。
勇気が出なかったので人気の少ない階段から回り道したんだけど
人気のない方で気づかれたら余計あぶなかったかもだよね?!(汗)


でも、なんとか電車に乗りました。


かなりミニスカだからなのか、みさとが意識しすぎなのか
隣にいる人の鞄をもつ手が、みさとの下腹部に当たって
いるような気がして、、すごく気になったょ(*_*
おまんこには伸びてこなかったけど。

ただ、ちょっとおちんちんも押し付けられた気がする…。
でも、みさとからおしつけて確かめるのもヘンだし、
それで相手の人をその気にさせて、スカートの中まで
手を入れられたら大変だし!とか色々考えてしまい、
確認はできませんでした。。。:_;

ノーパンのみさと
ノーパンで露出

そのあと、席が空いてみさとは椅子に座ったの。
おしりが全部椅子につくくらいスカートの裾をまくって!
とリクエストをいただきましたが、それだとおしりが
丸出しになっちゃうくらいスカートが短かかったんだぁ。

でも、お尻の下のほうは直接椅子にふれていたよ。
まだ人の体温が熱く残っていて、間接でおしりをこすり
あわせているような感触でした。
そして、このままの気分で、みなさんからのコメントを
ケータイで何度も読み返して、なんだかみなさんに
見られている気分を味わってしまいました。。
えっちでごめんなさぃ!


電車を降りて、今度はホームの階段を登ったのですが、
後ろから見られやしないか、ドキドキでした。
かなり挙動不審だったと思います。
電車の中にいる人や、すれ違う人、すべての人が、
みさとのノーパンに気づきそう、って思っちゃって。

そして街に出て、歩道橋の上などを歩きました。
ちょうど歩道橋の階段の下では酔ったサラリーマンの
人たちが談笑していて、、「お願いだから上を
見ませんように!」ってずっと祈ってましたよぉ?。


家に着いてから玄関で素っ裸になって今日の出来事を
想像しながらオナニーしちゃいました。

ノーパンの刺激

 「ノーパンの刺激」

会社のトイレで、パンティを剥ぎ取ってみました。
ノーパンになるのって、たとえ周りから見られていなくても緊張しますね。ミニスカだったので、同僚に気づかれたらどうしよう!と急に恥ずかしさが襲ってきました。


なぜか思い切ってトイレの中でM字に開脚してみました。
洗面台のほうでは、どなたか女性の声が聞こえます。
ふだん会社ですれ違っているかもしれない人の数メートル横で、
ノーパンM字開脚のみさと。。

「バレたらどうしよう!」

という不安で、思わず目をつぶりました。
そして、なぜかみさとの指は、クリトリスの方向を目指していたんです。

ノーパンの刺激

このブログを始めてから、みさとのクリトリスはいつも濡れています。
少し湿っているだけのときもあるのですが、昨日のみさとのクリトリスは、ずぅっとほてってた気がする。
もう刺激する必要もないほどに、ヌルヌル…自分の液にみとれていました。

中指のはらで、クリトリスを小さくクリクリと動かしてみます。。
それが気持ちよすぎて、、だんだん頭の中がぐるんぐるんと揺れてきました。


「あっ!だめっ…!」

そう思って目を開けると、トイレの中で下半身裸になり、だらしなく足をM字に開いている自分を、みさとの指がいやらしく責めてました。
急に我にかえって、すごく恥ずかしかった。。


「どうしてこんなにいやらしい指の動きなの?」

自分で自分の指に興奮するなんて、どうしようもないくらい、いやらしいんです。


ぴちゃ、 ぴちゃ、、 愛液の音。


数メートル先には、世間話に花を咲かせる同僚。

はぁっ、ダメっ、こんなのダメだよ…。

でもやめたくない…。


音を立てないように、ぬちゃ、ぬちゃ、、ぬるぬる、、、
いきたい、、けど、ここでいっちゃだめ、、

ぅん、、 クリトリスが、気持ちよすぎて痺れてきた、、



でも我慢しなきゃ。

                我慢できなぃ。。

でも、クリトリスをいじる速度をこれ以上
早くしたら、絶対に聞こえちゃう、、 、、、



すごぃぬちゃぬちゃになったお○んこへの刺激で、罪悪感と快感の入り乱れた興奮状態になっていました。

愛液のたれたお○んこ
ティッシュでふきとらずにパンティをはいてみました。


なにくわぬ顔をして仕事に戻りましたが、歩くたびにパンティのグチュグチュがお○んこを刺激して
どうしてもいやらしい気分になってしまい、仕事に集中できなぃんです…

そのあと先輩に呼ばれたけれど、目が合わせられなかったです。
みさとの異変、、気づかれてないといいけど、、、

「にぉってるよ…。どうした?我慢できないのか?」

なんて言われやしないか、ずぅーっとそればっかりで、、
うわのそらのみさとでした。。

有料アダルトサイト比較
マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。 マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。
アダルトサイト作成塾
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
美里の官能日記(姉妹サイト)
人妻のほんとにあったエッチな体験を報告しています 美里の官能日記
美里の官能小説館
女性のための濡れる官能小説をご紹介しています。
美里の官能小説館
女性調教・イメージプレイ
素人女性がエッチなM女に変身します。
女性調教
美里のプロフィール

美里 星菜

Author:美里 星菜
みさとはオナニーが大好きな現役女子大生。親子三代の生粋の江戸っ子。スリーサイズは88-58-88。3才の時からモデルで現在もグラビアアイドルとして芸能界で活躍しています。松嶋菜々子に似ているかなぁ。。。



オナニーリンク集(新着順)
著作権に関して
~ブログの著作権について~
作品の著作権につきましては 全て著作者に帰属します。 二次使用はご遠慮願います。
最近の公開作品
相互リンク・広告のお申し込み
現在、広告掲載のみ受付中です。相互リンクはお休みしています。リンク希望の場合は自動的に逆アクセスランキングに表示されますのでご自由に相互リンクにご参加ください。
広告掲載のお申し込みはこのメールフォームからお申し込みください。
みさとのお奨めエロ動画
読者の方からのコメント
アダルトサイト作成講座
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
オナニーランキング TOP50
みさとがおかずにしているサイト
究極のオナニー方法
究極のオナニー方法
エッチな告白体験談ブログ
エッチな告白体験談ブログ
エッチな写真
エッチな写真
女性のH体験告白集
女性のH体験告白集
エッチな若妻ナミの性癖
エッチな若妻ナミの性癖
スケベ夫婦のエロ日記
スケベ夫婦のエロ日記
女性のための官能小説
女性のための官能小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。