FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濡れた花嫁①

  「濡れた花嫁①」

 披露宴のメインイベントとも言える、ケーキの入刀が終わった。新郎、新婦は、これから、キャンドル・サービス用のお色直しをするために中座しなければならない。

 新婦のみさとは、浮かない顔をしたまま、ホテルの職員に促されて会場を出た。 新郎の幹夫が

「大丈夫?」

 と声をかける。 みさとは少し、うなずいて、幹夫に背を向けた。

 あの男が会場にいるのに気がついたのは、入刀式の前だった。呼んでもいないのに、ちゃんと礼服を着て、会場の片隅に居たのだ。その男とは・・。

 今年、この縁談がまとまるまでの4年間、不倫関係にあった男だった。 英会話スクールで知り合った彼は、歳は10いくつも上で、妻子持ちだった。

 そんなに性体験のなかったみさとに、本当の性の歓びを与えてくれたのが、彼だった。彼は、失恋直後で傷心のみさとに、言葉巧みに言い寄って、みさとの心と身体をわがものとしたのだ。

 チャンスさえあれば、密会して交わった。 みさとの体は彼によって開発され、責められれば何度でも絶頂を味わえるようになった。

 道具を使っての変態的なプレイや、やや過激なSMプレイもやった。 刺激をもとめて、海辺とか公園とか、外でもよく交わった。 みさとは、彼とは体の相性がぴったりだと思った。

 しかしそういう関係も、4年も経ったら、お互いに飽きがくる。母親の持ってきた縁談を契機に、ここらあたりが潮時かと別れ話を持ちかけたら、彼があっさりOKしたのだ。

 あとで聞いた話によると、新しい不倫相手が出来たかららしかったが、もう、そんなことはどうでも良かった。それからまもなく彼は、みさとの前から完全に姿を消したのだった。

 その彼がこの披露宴会場に来ている。 どういうつもりだろう。 まさか、昔の映画みたいに、みさとを奪いにきたわけでもないだろう。 不安を抑えながら、着替えをする部屋に入った。

 中には着付けの係員がいて、トイレに行くなら、今のうちに行ったほうがいいでしょうと言う。 それもそうだ、と思い、みさとは純白のウェディングドレスを脱ぐと、下着の上にガウンを羽織って、部屋を出、すこし歩いて突き当たりにあるトイレに入った。

 すると、男子トイレから出てきた何者かに、後ろから羽交い絞めにされ、口を押さえられた。

「!!!」

濡れた花嫁

 そのまま、男子トイレにひきずりこまれ、奥の個室に押し込められた。

「おとなしくするんだ」

 背後の男の声は、紛れもなく、彼のものだった。

「騒げば、俺も会場で、お前との過去を洗いざらい喋ってやるからな」

 みさとはその言葉で全身から力を失った。

「な・・なんのつもりなの?」

 小さい声でみさとが咎めるように言うと、彼は、

「お前から別れ話が出たときから、思ってたんだ。お前の結婚式の最中に、花嫁のお前としたら、最高に燃えるだろうってな」

 平然と、そんなことを言う。

「ね、お願い、やめて頂戴。したいなら、新婚旅行から帰ったあとに時間をつくるから、ね?今だけは勘弁して」

「今、することに価値があるんだよ」

 彼は、そう言うと、みさとの着ていたガウンを脱がせた。 下着のみの姿があらわれた。

「久しぶりだ。あいかわらず、そそる体をしているな。」

 そういって、みさとの唇を奪った。 舌を差し入れてくると、習慣のようにみさともそれに応じて、舌を絡ませる。

 そうしながら、パンティの中に手を突っ込まれ、秘部をいじられていると、ずぼっと中指が中に入った。

「あ、ああああ・・・」

「なんだ、びしょびしょに濡れているじゃないか」

 彼が、あきれたように言った。 彼の指は、そのまま、ぐちゅぐちゅといやらしい音を立てて、みさとの膣の中を掻き回す。

 みさとはやっとの思いで、彼のディープキスから逃れると、懇願するように言った。

「ねえ、お願い、時間がないの。するのなら、急いで」

「よし、うしろを向くんだ」

 みさとは便器をまたがるようにして、彼に背を向け、前の壁に手をついた。 付き合っているとき、よく、トイレの中で交わったものだ。

 だから、要領は心得ていた。 彼はうしろでしゃがみこむと、みさとのパンティを引き降ろした。 ぷりぷりとした形の良い尻があらわれた。

「相変らず、いい眺めだ。お○んこ、ちょっと黒くなったんじゃないか?」

「い・・嫌・・」

 彼は、笑いながら、人差し指を水平にすると、すっと前に突き出した。 ぶちゅっ、と音がして、濡れそぼった穴の中に、指が抵抗なく呑み込まれる。

「ああん!」

 みさとが一声、鳴いた。それから、尻を両手で掴み、左右におし拡げると、舌を差し入れる。

「ふうんっ」

 みさとは鼻から息を出し、壁についていた手から力が失われそうになる。

「ねえ、お願い、そんなことしてる時間はないの。早く」

「早く・・・なんだい?」

「早く・・・入れて」

 彼は立ち上がり、熱く猛り立ったものを、みさとの膣口にあてがう。そして、いつもしたように、ゆっくりと亀頭でクリトリスを刺激し、アヌスを撫でる。 どこをどうしたらみさとが喜ぶか、熟知しているのだ。

 みさとの息遣いは激しくなり、可愛いよがり声が、ためらいがちに 洩れはじめる。頃合を見はからって、彼は、一気にちんぽをみさとにぶちこんだ。

「・・・・!!」

 声を必死に押し殺す。 彼は、狂ったように突きまくる。 あまりの気持ち良さに出そうになるよがり声を抑えるのは大変だ。 みさとは、耐えた。 喉の奥で、「くううううう~」と呻き続けた。

 彼と交合を繰り返していた頃も、これほどの快感はなかった。結婚式の最中に、過去のセックスフレンドと式場のトイレで、動物のように交わる。

 これ以上の背徳はないかもしれない。 背徳が齎す快感は、凄まじかった。

「くうううううううう・・・!!」

 容赦なく突いてくる彼の攻撃に、たまらず、みさとは何度も身体を震わせてイッてしまった。 ぶるぶると震えるみさとの尻をピシャンピシャンと叩きながら、彼の絶頂も近づいている。

「うう、出そうだ・・」

「待って、下着を汚さないで。みさと、人前で着替えなければならないのよ」

 彼はちんぽをみさとから引き抜いて、切迫した声で言った。

「口でしてくれ」

 みさとは向き直って、彼の前にしゃがんだ。そして、目の前のちんぽを掴むと、ぱっくりと咥える。 口ピストンを5,6回で、彼は、みさとの口中に、精液をぶちまけた。

 それをゴクリ、と飲み込み、またちんぽを咥えると、最後の一滴も残すまいと、ちゅうちゅう吸った。

「これで終わりね。さあ、戻るからそこをどいて。遅いって騒ぎ始めてる頃だわ。誰かここに来ないうちに、早く」

「まあ、そう焦るな!」

 彼は、にやり、と笑った。そして、内ポケットからあるものを取り出した。 よく見ると、それはピンクのローターだった。

「これはな、コードレスのリモコン式ローターだ。高かったぜ」

「そ、それをどうするのよ」

「お前のあそこに入れたままで、式に戻ってもらう」

 今度は真顔で、そう言った。

 つづく

みさとの創作意欲が高まりますので日記がおもしろかった時は下の拍手をお願いいたします。

スポンサーサイト
[PR]

⇒comment

Secret

有料アダルトサイト比較
マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。 マニア専用。絶対に見られないタンポン抜き&挿入シーン。
アダルトサイト作成塾
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
美里の官能日記(姉妹サイト)
人妻のほんとにあったエッチな体験を報告しています 美里の官能日記
美里の官能小説館
女性のための濡れる官能小説をご紹介しています。
美里の官能小説館
女性調教・イメージプレイ
素人女性がエッチなM女に変身します。
女性調教
美里のプロフィール

美里 星菜

Author:美里 星菜
みさとはオナニーが大好きな現役女子大生。親子三代の生粋の江戸っ子。スリーサイズは88-58-88。3才の時からモデルで現在もグラビアアイドルとして芸能界で活躍しています。松嶋菜々子に似ているかなぁ。。。



オナニーリンク集(新着順)
著作権に関して
~ブログの著作権について~
作品の著作権につきましては 全て著作者に帰属します。 二次使用はご遠慮願います。
最近の公開作品
相互リンク・広告のお申し込み
現在、広告掲載のみ受付中です。相互リンクはお休みしています。リンク希望の場合は自動的に逆アクセスランキングに表示されますのでご自由に相互リンクにご参加ください。
広告掲載のお申し込みはこのメールフォームからお申し込みください。
みさとのお奨めエロ動画
読者の方からのコメント
アダルトサイト作成講座
アダルトサイトを作りたい方を対象に、サイト作成塾を開講しています。初心者から上級者まで、アダルトサイトを運営してみたい方、必見です!
アダルトサイト作成塾
オナニーランキング TOP50
みさとがおかずにしているサイト
究極のオナニー方法
究極のオナニー方法
エッチな告白体験談ブログ
エッチな告白体験談ブログ
エッチな写真
エッチな写真
女性のH体験告白集
女性のH体験告白集
エッチな若妻ナミの性癖
エッチな若妻ナミの性癖
スケベ夫婦のエロ日記
スケベ夫婦のエロ日記
女性のための官能小説
女性のための官能小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。